田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

【何が良いの!?】トビタテ留学JAPANの良さを独自の見解でまとめてみた #3

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tomoiiii/20170905/20170905210512.png

 

今回は、トビタテ留学JAPAN特集第2弾! ということで、

トビタテ留学JAPAN奨学金制度の良い点について他のトビタテ生とは違った視点からお話していこうと思います。

 

 トビタテ留学JAPANは、留学する学生からしたら夢のような奨学金ですよね。沢山の支給額、他のトビタテ生との繋がりが作れるなど多くのメリットがありますが、実はそれ以外にも意外と知られていないメリットが多数存在します。

 

Vol.2では、受給者目線のリアルなメッセージを皆さんにお届けしていこうと思います!

 

 

 

 

 

トビタテ留学の良い点

 

僕は、表面的なことで言うと以下の3点だと思っています。

 

①返済不要の留学奨学金がもらえる

②留学前、後に充実した研修が受けられる

③他のトビタテ生との繋がりが出来る

 

この3点に関しては、前回の記事でも紹介したこととかなり被ってしまう点があるので、詳しく見たい方は↓の記事を参考にしてみてください!

 

tomotomoiiii.hateblo.jp

 

 

ただ、この表面的なメリットだけを挙げてもブログ的に何も面白くないですよね。

この記事を見てくださっている方も「そんなの他のトビタテ生も言ってたんだけどwwww 二回目wwwwww」となっていることでしょう。

 

そこで、今回は実際にトビタテ生に採用されてから、他の様々な国、コースに属するトビタテ生と話してきた中で、これは良い点だなー! と思った独自の点を紹介していきたいと思います。

 

新興国コース

トビタテ受ける際に、どのコースにしようか悩んでる方もちらほらいらっしゃるかと思います。そんな方、新興国コースは様々な点についてかなりオススメですのでトビタテに応募する際は、特にこだわりがない場合は新興国コースに申し込むことをおすすめします。

 

では何故か? 

 

一つは、

全コースの中で一番倍率が低いということもあり、受かる確率が上がるからです。

ここで、一番倍率の高い多様性人材コースと新興国コースの倍率を見てみましょう。

 

 

多様性人材コース

 

第2期:2.9倍

第3期:5.2倍

第4期:5.8倍

第5期:7.1倍

第6期:5.5倍

第7期:8.0倍

 

倍率かなり高いですね、、、、 

第7期だと800人中100人しか受からなかった事になります。

 

 

 

新興国コース倍率 

 

第2期:1.2倍

第3期:1.1倍

第4期:2.2倍

第5期:2.1倍

第6期:1.7倍

第7期:1.7倍

 

ひ、ひくい......!

2人に1人受かる確率なので、多様性人材コースよりはかなり門戸が広いと言えます。

 

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは倍率が低いからと言って簡単に受かるわけではありません。ご注意を。

 

 

 

二つ目は、

新興国コースだと支給されたお金が余ることが殆どなため、そのお金を再度欧米への留学等に使用するなんていう選択肢もありなんです!  新興国が多いとされる東南アジアやアフリカは、物価高騰の波が押し寄せてはいるものの、日本人にとってはかなり安く感じると思います。無駄使いさえしなければ、2回留学に行くという夢のような事も可能になります。

 

 

 

評価基準

 

結論から言うと、

個人の能力で評価しない点が良い点だと僕は思います。

(国費留学などは成績や英語力重視)

 

 

トビタテなんて、俺(私)には到底無理だよ。。。。と縮こまって何も行動しない人をたまに見かけますが、確かにそのマインドでは受かることはまずないでしょう。

 

大切なのは、トビタテに受かりたい、トビタテじゃなきゃダメなんだという熱意です。

その熱意さえあれば、行動は伴います。

 

では何故こんな事を言ったのか。

実は、先程も言いましたがこのトビタテ留学JAPANの選考というのは、頭の善し悪しなどの能力は一切見ていないからです。(GPAや大学、または英語力などは選考には一切影響しません。)
自分のトビタテと留学に対する熱い思いと他諸々の要素(後の記事で説明します)があれば、受かる確率はぐんっと上がります。また、その熱意が伝われば、先輩トビタテ生は留学計画書作成のアドバイスや添削などのお願いも快諾してくれることでしょう。

 

もし、留学をしたいという気持ちが少しでもあるのならば、一歩踏み出してみましょう。トビタテに挑戦する若者を、先輩トビタテ生は全力で応援します。

 

かく言う僕も、トビタテに応募するチャレンジャーは全力で応援します。

添削やアドバイスなどいつでも承るので、FacebookGmail にご連絡下さい!

 

トビタテ関連 連絡先

Facebookhttps://www.facebook.com/tomoi.akiyama

 Gmail1020tomoi@gmail.com 

 

 

 

 まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、トビタテ留学JAPANの良い点について独自の見解を交えて書いてみました。

独自の見解を除いた一般的な良い点が知りてーよ!って方は、他にもトビタテについて記事を書いているトビタテ生がいるので、その方達のブログをチェックしてみることをオススメします。