田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

僕が留学前に英語のスピーキング力を上げるためにやったこと #13

f:id:tomoiiii:20170930091303j:プレイン

英語のスピンキング力がどういても上がらない..と悩んでる人のために、今回は僕が留学前に何種類もスピンアップ力向上のために試してきたものの中から、一番効果のあった方法を紹介していこうと思います。「英語環境に飛び込む」や「語学留学する」と言った当り前のものではない、日本でも充分分かりやすい現実可能かどうか安価な方法で、是非試してみてそれでも!

 

[:内容]

  

準備編

英語のスピンアップ力を上げるうえで、ある程度の準備が必要になっているのは言うまでもにもありません。僕がスピークイングを向上させたために行ったやり方は、準備で得た知識を実践的に使用、実践で得られた自分の不得意な部分やより伸ばしたい点を見つけ、後準備をしてまい実践に移るというやり方をしました。

今から言うことは、今回の記事で一番重要な点だから目玉ほり返して見逃すなようにしてくださいね。 

一番重要な点は、今から紹介する事項を何周も繰り返すという点です。ビジネスの世界だと、PDCAを回すなんて言いますが、それに近いですね。

※P(Plan)→D(Do)→C(Check)→A(Action)

つまり、スピーキング力を上げるためには準備→実践→反省&再考→準備→実.......を繰り返しやることが重要になってきます。言語にゴールはありません、死ぬまでこのサイクルを回していきましょう!

 

f:id:tomoiiii:20170930093116j:プレイン

 

繰り返すことが重要とわかったところで、そろそろ準備編の各事項に移りましょう。

 

英文を丸ごと暗記する

まず一番大事なことは、とにかく会話に使えそうな例文を丸暗記しちゃうこと
自分の頭のなかに英文のストックを増やしてあげることによって、口から出る英語の量をまずは増やしてあげて下さい。

「暗記しても会話での文脈に合うかわからなくね?」と仰る方もいると思いますが、その際にはその場に応じて適切に主語や目的語、時制を変えてあげるのがコツです。

例えば、
 He made me so angry, so I will go back my home.
という文章を暗記するとします。

次に、英会話中に相手が自分に対して嬉しい言葉やお菓子などをくれたとしましょう。
あなたは、上の英文を頭から引き出して以下のような文章を作ることが可能になります。

You made me so happy, so I will let you know something secret!
という、madeを使った似たような文章が瞬時に作れるわけです。
慣れるまでに少し時間がいりますが、100個ほど覚えた暁には完璧に会話は成立させることが可能だと思います。

 

では、どんな文を覚えたほうが良いのか???

 

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』 

この本に載っている英文使用して下さい。ただ単にネットに落ちている文を暗記しても意味はありません。この本は、瞬間的に英語を引き出す用の良質な例文が載っている本で、僕のスピーキング力向上のやり方にピッタリの1冊となっています。

これ1冊でも十分ですが、よりストックを増やしたい人は、以下の二冊も合わせてやると効果的でしょう。 

 

 

一人二役で会話する

これは、ぶっちゃけて言うと変人になれということです。
どういうことかというと、帰り道やお風呂、一人でかつ周りに誰もいない時に一人で自分役と外国人を担当し自分の理想の会話を実際に繰り広げるのです。

このself conversationの利点は
1.金がかからない
2.間違いを恐れずに英語を話せる
3.言いたいことを言えるまで待ってくれる(自分だから)
の3点。

ここで英語を"喋る"という事に慣れておきましょう。あくまで"話す"ことではないのでご注意を。

実際の会話に備えて、self conversationでは覚えた例文をしっかり使いましょう。

f:id:tomoiiii:20170930100329j:プレイン

 

Hello Talkの音声機能を使う

ここまで来て、誰も発音を確認してくれたり直してくれる奴いないから意味なくね?と思われた方、そう思うにはまだ早いです。
あるアプリを使って無料で、かつネイティブに発音を矯正してもらえる方法をこれから伝授していきます。

そのアプリがこちら、、
『Hello Talk』

f:id:tomoiiii:20170930100839j:プレイン

既に使用してるよ!という方も多いとは思いますが、軽くこのアプリの説明を載せておきます。

例えば英語を学びたい日本人がいたとします。Hello Talkでは、この人と日本語を学びたい英語のネイティブを無料でマッチングしてチャットや電話が出来るようになるという言語学習者にはもってこいのアプリです。

では、いかにしてこのアプリを使ってスピーキング力を上げるのか?
手順を紹介していきます。

 

①日本語を勉強したいネイティブをフォローし、メッセージを送る。

②発音が苦手なので直してくれと頼む。

③音声を録音し、送る。

④フィードバックを貰う。

 

だけです。しかも無料です!!
良い時代に生まれたと思います本当に。。。

 

しかし、ここで留意してほしいのが自分が教えてもらいっぱなしではなく、教えてもらったらしっかり自分も相手の言語学習に貢献してあげましょう。

これで、英文のストック英語を喋ることに対しての慣れ、そしてネイティブ仕込みの発音という三種の神器を手に入れたわけです。

では、その3つ武器を持って実践という名の冒険に出かけましょう。

 

実践編

実践編は、至ってシンプルです。

実践編で蓄えた英文を使って

 

「英語が話せる人と話す」

 

これだけです。

 

日本にも国際交流パーティー、トークタイムなどネイティブスピーカーや英語が喋れる日本人と話せる機会はたくさんあります。ハブや外国人がよく集まるバーに行って話しかけたり、浅草などの観光客の多かったところで喋りかけたり、無料で観光案内をしてあげるのも良いですよ。リソースややり方は死ぬほど沢山あります。まったく、ググってみてください。それで色々試してみて、自分に合ったやり方を見つけましょう。

も、上記のように知らない人に話し掛かるのが億勇人は、大学の英語の先生やネイティブの先生に英語力を伸ばしてから30分だけでも英会話に付き合ってくれないか?と頼むのもありません。 

わざわざスカイプ英会話などにお金をかけなければならないという必要はありません。身の回りにあるリソースを賢く利用
しています!


反省編

最後に反省編です。

実践編で外国人と話して、自分の改善する点や伸ばしたい点がわかったと思います。例えば、発音をする時もいつもも聞き返すような,,,など。

この反省編を怠ると、今までやってきたことが無駄になってしまったのでしっかり振り返りましょう。その振り返りのものと、高い準備編戻す自分の改善すべき点を中心に勉強を進めていってそれだけです。

 

最後に

皆さん、いきがでしたか?
意外と普通のことではありますが、準備→実践→反省のサイクを何回も回せる人はそうたくさんいません。しかし、あなたは別です。

あなたは、英語のスピンキング力を上げたいと思いがあるからこの記事を見てくれたんだと思います。

その気持ちに嘘をつかないように、騙されたと思ってやってみることをオススメします。このサイトが習得化した頃には、劇的にあなたの英語力が伸びていることを保証しますします。