田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

人生でいちばん大切なことをアメリカ留学3ヶ月目に学んだ話 #16

f:id:tomoiiii:20171208093453j:plain

 

アメリカに留学してから約3ヶ月が経ちました。早いことに、僕の(恐らく第一回目の)アメリカ留学生活は1/4を終えてしまったわけです。この短くもかなり濃い時間のなかで、僕は留学生活、いや人生での恐らく1番の学びであろうものを得たのでシェアさせていただきたいと思います。

人によっては当たり前の事すぎて、こいつ何言ってるんだ?笑 状態になる人もいれば、どこか自分にも思い当たる節があるなって人もいるかと思います。

どうか最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 まず、皆さん突っ込みたいことが色々とあるかと思います。笑

 

三ヶ月しか経ってないのにもう留学で何か得られたの? とか、

 

留学中に人生での1番の学びなんて嘘っぽい笑  とか。

 

そうなんです、本当に胡散臭いでしょ??

 

でも事実なんです。


東京でそれなりの大学に行ってそれなりの成績取って、それなりの活動して格好つけてそれなりの平凡な人生を送っていた自分にとってはかなり大きい学びだったし考え方も大きく変わりました。

 

留学に来てから、日本にいる時より考える時間が増えたのも大きな要因なのかもしれない。あんなゴチャゴチャした空間(東京)で忙しくしてれば、自分の事見つめ直したり考える時間なんてなかったかもしれないですしね。

 

今回は、そんな自分の留学での大きな気付きを共有していきたいと思います。

 

 

 

僕がアメリカで学んだ大切なこと

 

これを読んでいる方に一つ質問です。

 

 

あなたは、人生を本当に楽しんでいますか?

 

 

大半の人はYESと答えるでしょう。そんなの愚問だよという方は、この先読む必要はないし時間の無駄になってしまうと思うのですぐさまページを閉じることをオススメします。

 

ですが、
もし少しでも自分って人生本当に楽しんでいるのかな? と思った方がいたら、すこしばかりこのブログにお付き合いして頂ければなと思います。

 

では、お前が気付いた事はなんだ?
と気になる方もいると思うので、先に結論から言うと

 

僕が、アメリカでの最大の学びは "皆、人生を楽しんでいる" ということ。

 

これに関しては、シアトルで生活しているアメリカ人や留学生、はたまた僕がシアトルで出会った日本人の社会人や学生など、人種などは問わずです。

 

 

当たり前すぎ!!!!

 

すみません、本当に当たり前すぎるんです!!

 

でも、自分にとっては本当に人生の転換点とも言えるくらい衝撃だった。

 

日本にいた頃の僕は、自分を良く見せたかったり負けず嫌いな性格もあり、誰よりもどの分野においても上に立ちたいと思っていました。その為なら、自分の楽しみや友達や彼女との遊びを削ってまででも時間や労力、お金を割いていました。とにかく、自分をよく見せようとしか考えてなかった思います。就職先に関しても、殆ど給与や皆が憧れる会社かどうかなどとしか考えてませんでした。

 

僕はそれが正しいと思っていたし、自分の進むべき道なんだなと思っていました。

 

それこそ、留学に来る前は、この1年間の留学でただ英語や何かしらのハードスキルを身に着けて帰ろう! と意気込んでいたと思います。

 

しかし、アメリカに来て今まで関わったことのない人と会い、話し、勉強し、生活し、相手の考えや文化(国間というより個人の文化)を知っていく上で、自分って人生を本当の意味で楽しんでなかったなぁとふと思ったんです。

 

自分の場合は、世の中の目を気にして体裁の為に動いたりマウンティング張って結果的に自分が本当に好きなことが出来ていなかったし、やろうとしていなかった。

 

でも、その反面、アメリカで出会った人の多くは

 

皆、自分の本当に好きなことに対して情熱を注ぎ、それを楽しんでいる。勉強はもちろん頑張るけど、遊ぶ時は普段の悩みや苦労を忘れて思いっきり遊んでいる。彼らは、勉強も仕事も遊びも何もかも全てを純粋に楽しみながらやっているなあと思ったんです。

 

何故こんな至極当然の事を日本で出来ていなかったんだろうと悩んだ時期もありました。

多分それは、東京という小さい都市で凝り固まった考えも持った枠にしか自分の行動範囲を広げてなかったからかなと思います。(もちろん、今まで出会った全ての人がそうだというわけではありません。) それ以外にも色々要因はあるとは思いますが。。

 

そう言った意味で、この広大なアメリカという地で生活し様々な考えを持った人達に出会えて本当に良かった思いました。
彼らの考えや個人の文化が自分の考えを良い方向に変えてくれたし、それに気づかせてくれる環境を与えてくれたからです。

 

また、現地で知り合った知人が僕にこう言いました。

 

「ともい、お前は本当に人生を楽しんでいるのか? 考え過ぎることはないんだ。人生なんて単純なんだよ。自分が好きな人と遊び・過ごし、好きな勉強をし、好きな仕事をしているやつはどんなに金を持って世間一般的にかっこいいと言われる仕事をしているやつよりも幸せだ。だから、お前は自分が楽しいと思ったことをやれ」

 

と。

 

自分の内にカミナリが落ちるような感覚って、こういうことなんだと思いました。

人生を楽しむという本当に大切なことを見失っていた僕にとって、この言葉はブッダの言葉に聞こえてくるくらい大切で一生忘れないであろうものです。

 

 

これからの人生、何事も楽しむ気持ちを忘れないようにしていこうと思うし、このブログを読んでくれている方達にも今一度人生を楽しむ! という気持ちをしっかり持って頂けたら、このブログを書いた意味も少しはあったのかなあと思います。

 

人生は一度限りなんです。

 

自分が楽しいと思えるものを全力で楽しみましょ。

 

 

最後に

僕が今まで出会った社会人の方は、学生時代より今のほうが楽しいと言ってる人が多いと気がします。人生の夏休みとも言われる大学生のうちに楽しむことも大切だけど、社会人になってからもそれ以上に楽しむという気持ちは忘れちゃいけないですよね。

 

では、最後に一言、そんな僕の尊敬するインターン先の社長の言葉で締めくくりたいと思います。

 

「人生楽しんだもの勝ち!!」

 

 

Bye-bye