田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

ホームレスが職務トレーニングを受けられるシアトルのレストラン"FareStart"に行ってきた #23

f:id:tomoiiii:20171229055429j:plain

日本やアメリカにおける共通の社会問題として、ホームレス問題が挙げられます。両国共通でホームレスの方々への炊き出しや生活保護などの支援は行われていますが、特にアメリカはホームレスの総数が年々上昇しているのが現状です。
そうしたホームレス問題をユニークなビジネスモデルを用いて解決していく非営利団体『FareStart』が運営するレストランがシアトルにあるので行ってきました。今回は、その『FareStart』についての記事を書いていこうと思います!

 

 

『FareStart』とは

米国ワシントン州シアトルの非営利団体『FareStart』は、レストラン経営を通してホームレスの人々への職能訓練プログラムを提供しています。

外観はこんな感じ。シアトルのダウンタウン、Amazon本社近くに位置していて立地は申し分ありません!
僕が行ったのは所謂本店みたいな所で、他にも分店でFareStart Cafeというものがあります。

【FareStart Restaurant】 
  ADRESS: 700 Virginia St Seattle, WA 98101
  PHONE: (206) 267-7601

https://www.farestart.org/

f:id:tomoiiii:20171229072714j:plain

もう少し進んで、目の前はこんな感じです。
外観からしてみても高級感漂うお店です。。!

f:id:tomoiiii:20171229072717j:plain

話しを戻すと、元々、Farestartの創業者であるDavid Leeさんがホームレスのシェルターに料理を配達・提供する事業をしている際に「ホームレスの人々などの社会復帰に本当に必要なのは、仕事や食事をただ与えるのではなく職務スキルなどの技術習得だ」と気付き、調理場で実際にホームレスの人々を対象に職務訓練を行うプログラムを始めました。

その後、2004年に正式に『FareStart Restaurant』として訓練施設を兼ね備えたお店をシアトルのダウンタウンに開店しました。

現在では、ホームレスの人々に16週間の職務訓練に加え、住居と食事も提供しており、このプログラムの卒業生約3,000人のうち8割以上は90日間以内には職を見つけているそうです。
正に、社会復帰を当事者側が本気で望みそれに全力で応えるFareStart側の姿勢とシステムが整ってるからこそ成せる数字だなと主ました。

ちなみに、店内はというと、
これが一階ので左側が厨房となっています。キャパ的には、2~3階もあるので100人は入るのではないでしょうか。
かなり清潔感があり、スタッフの対応もシアトルの他の飲食店と比べても格段に良かったです。
※写真を取った時は3時くらいだったので閑散としていますが、Lunch Timeの12時頃は店内満席状態で、いかに人気なのかが垣間見れました。
f:id:tomoiiii:20171229072736j:plain

そして、僕が頼んだ料理がこちらのサーモンハンバーガー!!
味に関しても、シアトルの中でもトップクラスで美味しく、値段もTAX込みで$14とリーズナブルでした。

f:id:tomoiiii:20171229072720j:plain

職能トレーニングの充実

先程、16週間の職能トレーニングがあると記述しましたが、FareStartでは約4ヶ月の特別なトレーニングメニューがかなりelaborateに組まれています。

【トレーニングのスケジュール】
・1ヶ月目 
    ↳ホームレスのシェルターなどに配達する料理を作るコントラクト・キッチンで 
       料理の実践訓練を受ける。

・2ヶ月目 
    ↳リテール・キッチンでレストラン運営のサポート。

・3ヶ月目 
    ↳ケータリングを担当。

・4ヶ月目 
 ↳この最後の1ヶ月で初めて『FareStart』の調理場に立つことが出来ます。

この上記のスケジュールはざっくりとしたものでうすが、
これに加えて主に
・調理技術トレーニング
 
↳FareStartのキッチンに入って、直接シェフから始動を受ける。

・個人サポートプログラム
 
↳プログラム参加者個々のニーズに合わせて日常のケアや健康状態、アパートメント
  手配などのアドバイス。

・ライフスキルトレーニング
 
↳職場での問題解決方法やストレスマネージメント、時間管理、
  プレゼンテーション方法等を学ぶ。

・仕事紹介と継続サービス
 
↳トレーニング終了後の仕事紹介や労働環境アドバイスのサポート。

の4つを提供しており、料理を作るスキルだけでなく、今後社会で実際に必要とされてくる最低限の知識なども学ぶことが可能となっています。

 

有名シェフによる調理指導&コミュニティーサポート

FareStartの特筆すべき点のは今述べたような、精巧なトレーニング内容もありますが、もう1つ僕がご紹介したいのが調理指導は基本的に有名シェフとして名を馳せているシェフ達がFareStartの活動に賛同し、ボランティアで調理指導を行っている点です。

f:id:tomoiiii:20171229072732j:plain

下の額縁に飾ってある方々が、これまでFareStartに貢献してきたシェフたちです。
右側が見切れてしまっていますが、かなり多くのシェフが関わっています。

また、上のお皿に書いてあるのは、これまでFareStartに食材供給や寄付をしてきた企業や団体のマークで、中にはSTARBUCKSやMicrosoft、Amazonなんかもあり、シアトルを挙げてこのFareStartの活動を支持しているのが伝わってきました。。!

こうしたCSR活動を日本の企業ももっと増やしていくことが、社会問題を是正していくことに繋がっていくのだなと思います。

社会問題を解決していくには、こうしたコミュニティーサポートの充実が不可欠だと言うことを、FaraStartが証明してくれていますね!

最後に

最後に、こうしたきちんとした制度化の下でホームレスの方々が働けるのも、確固としたビジネスモデルがあるからに他なりません。社会問題をビジネスの視点から紐解いていくことは、今後かなり重要になっていく、求められる素養の1つになっていくのではないかと僕は思います。

是非、皆さんもシアトルに寄った際にはFareStartに立ち寄ってみてくださいね!
ではでは

 

《参考記事&サイト》

-FareStart HP

https://www.farestart.org/

- Jungle City 『外国産業で働くための職業訓練を通じ、経済的自立を支援する 『FareStart』

https://www.junglecity.com/live/life-work/unique-non-profit-organizations-fare-start/

-【シアトル通信No.5】すごいシェフ達のとにかくすごいレストラン!"Great Food. Better Lives!"

https://greenz.jp/2009/11/30/seattle_report_05/