田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

"Alexa搭載トイレ"、あなたは欲しいですか!? #29

f:id:tomoiiii:20180119144208p:plain

どうも、昨日ネイティブ達の雑談についていけず挫折を味わった(@tomotomoiiii)です。

さて、いきなりですが皆さんに質問です。

 

"あなたは、Alexaが搭載されたトイレがあったら欲しいですか?"

 

Alexaとは
Amazon社によって開発されたAIの名前で、Alexaが搭載されたAmazon echoなどは音声認識によって音楽をかけたり食べ物を注文出来たりする。

 

※以前、僕が紹介したAmazon echoの記事にてAlexaのことについて触れているので、

そちらも参考にしてくださいね。

www.tomoiiii-blog.com

 

さて、僕はというと正直"いらない"です。

価格の割に機能も日本のトイレと比べると一般的なものばかりで、お金を出すほどの価値はないなと思ってしまいました。

 

じゃあ、何でそんなの紹介するの?笑

と思う方もいらっしゃるでしょうが、部類のトイレ好きとしてはこの新商品を
紹介しないわけにはいきません。。。

 

ということで、今回はそんなAlexa × Toiletについて解説していきたいと思います!

 

 

Alexa搭載トイレのお披露目

まず初めに、今回Alexaが搭載されたトイレが発表されたのは、

CES2018というイベントです。

CESとは、Consumer Electronic Showの略で、

米国ラスベガスで開催される消費者家電の最先端技術が集う世界最大の消費者家電見本市のことを指します。

昨年度開催されたCES2017は、CNNやBBCなどの大手メディアから7,604人もの取材陣が来場し、合計来場者数184,279人、参加国数140カ国以上と、世界最大規模の消費者家電市となっています。

 

それでは、今回開催されたCES2018の様子を少し覗いてみましょう。

 

さていかがでしたか?

途中、男の人がトイレに向かって「Flush」と言っていましたが、

あれがAlexa搭載のトイレになります。

 

では、どこの会社が作っているかと言うと、Amazon社ではないんです。

米国Kohker社という水回りの製品を扱うトップメーカーの会社が、

CESにて発表した新製品のうちの一つがAmazon Toilet(勝手に名前つけました)なのです。

Kohler社はToilet以外にも、鏡にAlexaを搭載させた非常にユニークな製品なども発表しています。

Kohler社のHPはこちら。 

 

Alexa搭載トイレの機能とは

それでは、Alexa搭載のトイレの機能について見ていきましょう。

もう既に予想が出来ている人がいるかもしれませんが、そこまで特別な目新しい機能は正直ありません。

基本的にAlexaに音声を通じて命令をだして実行するという構図は変わりません。

では、一体何が出来るのか?

発表済みの主な4つの機能は、

 

・トイレの水を流してくれる。

・トイレの便座を温めてくれる。

・トイレの蓋を上げ下げてくれる。

・好きな音楽を流してくれる。

 

です。

このトイレ、完全Hands-Freeということで、用を足した後に「Flush(流して)」と言うだけでトイレが流れます。レバーを引く必要はありません。

また、便座を温める機能や蓋を自動で開け閉めしてくれるのは、日本では当たり前ではありますが、アメリカでは目新しい機能になります。

 

⬇の記事でも述べましたが、アメリカは未だにトイレに対する意識が低いので、

ウォシュレット付きのトイレや便座を温める機能が付いたトイレは殆どありません。

www.tomoiiii-blog.com

 

発売時期と値段は

さて、気になる発売時期とお値段のほうですが、

発売時期は今年2018年の第四半期とのことで、恐らく最初はアメリカのみでの発売となるでしょう。

値段は、約62万円~約71万円とのことです。正直、かなり高いですね。。

これなら日本のTOTOやLixilの製品を買ったほうが圧倒的にコスp.......

 

結論

物好きなアメリカ人は買うかもしれませんが、

日本でこの値段で売られた場合、買う人は殆どいないでしょう。

アメリカでは、これを機に自動洗浄と便座を温める機能をトイレに付けることは

常識として捉えていって欲しいものです。