おうちでホワイトニング

ホームホワイトニングについてのお役立ち情報・体験談を発信中

【検証】アメリカで話題のホワイトニングシートを使ってみた 

f:id:tomoiiii:20180126095647j:plain

皆さんどうも、今日はブログを3記事書き溜めるまで帰れま10を個人的にやっているTomoi(@tomotomoiiii)です。

ついにこの企画がやって参りましたよ皆さん。。!

ホワイトニングの検証企画!!

アメリカでしか販売されていないCrest 3D WHITE, Whitestrips(以後ホワイトニングテープと呼びます)を購入して、9日間試してみたので、そのレビューをしていこうと思います!

アメリカに留学中の人は是非試してみてね!

Crest 3D WHITE whitestripsとは 

f:id:tomoiiii:20180126093303j:plain

まず初めに、簡単にホワイトニングテープの説明をしていこうと思います。

概要

このCrestのホワイトニングテープはアメリカでは日常的に浸透しており、家で気軽にホワイトニングができ、かつ安価で手に入れられる優れものです。

ホワイトニングテープ自体は、薄い透明のフィルムから出来ていて、直接歯に貼り付けて使用します。漂白作用の高い過酸化水素が約10%含まれており、歯に直接付けることによってホワイトニングの効果を発揮してくれます。

こんな感じ⬇。これを上下の歯に隙間が出来ないように、しっかり貼ります。

f:id:tomoiiii:20180126093548j:plain

 

また、1日30分を2週間ほど続けることによって効果が目に見えてわかることから、
即効性が高いのも売りの1つとなっています。

価格

価格は、Amazon us などで見ると日本円にして1箱で4,000~5,000円となっています。また、アイキャッチ画像では2箱入りですが、これはCostcoで$39で購入しました。

家の近くにCostocoがある場合は、Costcoで買ったほうが圧倒的にコストパフォーマンスが上がるので、ネットりCostcoで買うことをおすすめします!

日本では販売されていない理由

こんなに便利な商品があるのに、日本では殆ど認知されていない理由としては、日本では過酸化水素が6%(このテープは10%)を超えるものは、劇薬と同じ扱いになるため、薬局等での取扱いが認可されていないのです。

日本人と欧米人の体の作りなども多少違う部分があるので、そういった観点から
6%以上は許されていないのでしょう。

実際に、日本人が使用して歯の痛みや知覚過敏になるなどの副作用なども報告されているので、使う時は最新の注意を払って自己責任でお願いします。

使用レビュー

お待たせしました!

それでは、実際に9日間利用したレビューを行っていこうと思います。

※14日分ありましたが、少し歯が痛かったので9日間で止めました。

 

結論から言うと、

 

効果はありました!!!!!

 

では、実際に9日間の推移を画像を基に見てみましょう。

 

f:id:tomoiiii:20180126093559p:plain

 

1日目の少し黄色がかった色から、9日目には綺麗な白色になってるのが見て取れます。

見えづらいよって人は、こちら⬇の画像も参考にしてみて下さいね!

f:id:tomoiiii:20180126093552p:plain

 

正直、元から歯がめちゃくそ黄色い!!(汗)って訳ではないので、

そこまで劇的な変化を見せられなかったのが残念ですが、

確実に効果はありました。

ただ、日本人は歯の神経が欧米人より太いらしく、感度が高いため、

使用後の知覚過敏や多少の痛みはありましたが、これは一時的なものですし、

しっかりホワイトニング作用が効いている証拠でもあるのかなと思いました。

 

ただ、やはり即効性が期待でき、かつコストも日本のホワイトニングと比べれば、

圧倒的に安いのでやり過ぎてしまう人が出てきそうですが、それはやめた方が良いともいます。

日本人向きに作られていない分、副作用が伴うからです。

 

何事もそうですが、やり過ぎは良くありません。

適度に使用して適度に効果を実感できるくらいが調度良いんだと思います!

最後に

このホワイトニングテープは日本には売っていないので、アメリカに旅行や留学していないと入手は難しいですが、是非アメリカに来た場合は買って試してみて下さい!

ホワイトニングテープを使った僕の友達も、1週間でかなり歯が白くなっていました!

ただ、日本では認可されていない商品なので、使用に関しては全て自己責任でお願いします。

 

ではでは!