田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

TOEIC800以上を初めての受験で取る方法 #42

f:id:tomoiiii:20180401063353j:plain

「TOEICの試験が迫ってきてるけど、目標の点数が取れるか不安。。。」

「まず、どうやって勉強すれば良いんだろう。。。」

「ネットのどの記事を信頼すれば良いんだろう」

 

なんて悩みを抱えているそこのあなたに、
今回は長期留学経験無しの僕が初めてのTOEIC受験でいかにして800点以上を取れたかについて、実際に使った教材の紹介を交えながら説明していきたいと思います!

正直、TOEICで高得点取るのに小手先のテクニックなんていりません。

成果を挙げた人の勉強方法を愚直に真似れば良いと僕は思っています。
(僕もTOEIC受験前に数々のブログを読み漁り、各々の良い点をピックアップしながら自分の勉強法を確立させていきました。)

ですので、この記事を見て頂いた方は、今から説明することのみを信じってやっていればokです。

大事なのは、"継続です"。続けた人は結果が出るだろうし、1~2ヶ月そこらで止めた人はもちろん結果はついてきません。

皆さんが、今から紹介する勉強法を自分のものにし、継続して努力し最終的には、800点以上を一回で取れることを願っています! というよりお約束します!

では、早速本題へ参りましょう。

 

 TOEICの勉強をする前に知っておいて欲しいこと

まず、勉強方法を紹介する前に知っておいてほしいことがあります。
TOEICは、TOEFL ibtやTOEFL itpと違ってReadingとListeningの2セクションしかなく、勉強内容も自ずとReadingとListeningの対策のみになります。これは皆さんにとっても常識の範囲内だと思います。

さて、その2セクションの対策を行っていく上で大切になってくるのが勉強の進め方です。ただ闇雲に教材を解くだけでは、非効率で特典upには繋がりづらいです。

しっかりTOEIC800以上を取るという目標から逆算して、戦略的に勉強を進めることが、結果的にコストを抑え、時間も節約でき、かつ結果に結びつく可能性を最大限に引き上げてくれます。

では、どういった戦略なのか?

答えは非常にシンプルです。

f:id:tomoiiii:20180401071905p:plain

TOEIC800超えの戦略は、画像にある通り、
TOEICの基礎体力構築編です。この基礎体力構築編では、大きく分けて3つの目的があります。

・安定して点数を取ることが出来るようになる
   (波がない)

・高校で習ったけど忘れているような英語を定着させる
・TOEICでは絶対に落としてはいけない問題を確実に正解出来るようにする

 

そして、
②の本番に向けての実践編での目的は、

・基礎編で培った知識をアウトプットする
・実戦形式になれる事によって時間配分の感覚を掴む
・実践を通して良質な問題を解き、点数の底上げを図る

の3つです。

こうした、各ステップでの目的をしっかり理解して勉強に望まないと、
何のために勉強しているのかを見失う瞬間が出てくるので、上記で記載した目的はしっかりあなたの頭の奥にしまっておいて下さい。

Reading 基礎体力構築編

では、早速Readingの勉強方法を解説していきます。
まず、基礎体力構築編ではやることが単語・文法・リーディングの3つがあります。

実際に、どういった教材でどのように勉強すれば良いのかについて、
各項目ごとに解説していきます!

①単語 ~Reading 基礎体力構築編~

さて、まずは単語からです。
よく、単語帳なんてやるだけ無駄だからやってないなんて人をみかけますが、
これはNGです。単語力というのは英語において1番大事な要素と言っても過言ではありません。特にTOEICは内容がビジネスチックなため、それに沿った単語を覚えておく必要があります。

そこで800点を取れるだけの単語力をカバーしてくれるのがこの2冊になります。


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOEICテスト大学生のための頻出英単語 [ Z会 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


 

 

 まずは金のフレーズから始めて、1日100個覚えることをを目標に進めていきましょう。
100個覚えた単語を次の日の朝にもう一度確認し、その日の夜に二度目の確認をすればある程度定着されるので、しっかり前日に覚えた単語を見返すという事を忘れないでください。

 

また、見返していた際に忘れていた単語は別でノートに書き出し、覚えられなかった単語集を作り暇な時にチェックすると効果ありです。

また、単語にかけて良い時間はせいぜい45分~1時間ほどです。それ以上は他にやる事があるのでやらないでください。

《単語編まとめ》
教材:「TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ 」、「TOEICテスト大学生のための頻出英単語 [ Z会 ]

勉強方法: 1日100単語 →翌日の朝と夜に前日やった単語を見返す→忘れていた単語は、別のノートに記入し、覚えられなかった単語集を作成する。

②文法 ~Reading 基礎体力構築編~

次に、文法です。
TOEICでは、文法問題に難問奇問は殆ど出ないので、しっかり基礎を抑えておくだけで8割以上点数を取ることが可能です。

裏を返せば、文法は点数を落としてはいけないセクションとも言えるので、
確実に準備をして基礎を固めておきましょう。

さて、では実際に文法を勉強する上で僕が行ったのは以下の2冊の教材を使用しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新TOEIC test文法特急 1駅1題 [ 花田徹也 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


 

 


 

 

 文法特急に関しては、問題を解くことより解説重視のため、読み物としてさらっと二周ほど読み、実践編に進んだ際に文法や構文の理解を辞書代わりとして深めていって下さい。

ある程度文法の基礎を理解できたら、
次にやるのが「新TOEICテストスーパートレーニング 文法・語彙問題編」です。

難しいことは言いません。
ただひたすらこの問題集を解いて下さい。

理想は3~5周ほど解き、全問題中5ミスくらいまでに減らすことです。

また、答え合わせをしている時におすすめなのが
答えにならない選択肢は何故ダメなのか?という点を意識することです。

TOEICは同じような問題が出ることが、特に文法セクションでは多いので、これをすることにより瞬殺できる問題数が圧倒的に増えます。

《文法編まとめ》
教材: 新TOEIC test文法特急 1駅1題 [ 花田徹也 ]新TOEICテストスーパートレーニング(文法・語彙問題編) [ 木村哲也(英語) ]

勉強方法: 新TOEIC test文法特急 1駅1題を2~3周し、基礎的な文法を固める。次に新TOEICテストスーパートレーニング(文法・語彙問題編) を3~5周解く。この際に、5周目くらいでは全問題中5ミス以下に抑え、答え合わせの時に他の選択肢は何故違うのか?を意識する。

 

③リーディング ~Reading 基礎体力構築編~

最後に、1番大切なリーディングです。
正直、リーディングに関しては単語と文法編をしっかりマスターしていれば、あとは慣れるのみです。 

TOEICは時間が少なく、全て解き終わらない人も多いので、まずは問題数をこなしましょう。その際にオススメなのが、この本↓です。


 

この本で時終わった長文は、答え合わせをする際に
わからなかった単語や文法をしっかり抑え、完璧に読める状態になった文を1日3回以上音読をして下さい。音読をすることによって得られる効果は様々ですが、ここで我々が音読によって得たい効果は、「読むスピードの向上」です。

 音読による読むスピードの向上は、一朝一夕で身につくものではありませんが、確実に読むスピードを向上させるための最短ルートですので、皆さん毎日しっかりと音読をしましょう。

 

《リーディング編まとめ》

教材: 新TOEICテストスーパートレーニング リーディング編 /米山達郎,クリストファーベルトン【著

 

勉強方法: 解き終わったら、わからなかった単語や文法は抑えてしっかり音読。その際に読むスピードを向上させることを意識すること。 

 

Listening 基礎体力構築編

次に、Listeningの基礎体力構築編です。
こちらでは大きく分けて2つやることがあります。
Listningの基礎体力構築編に関しては、教材を買うことはないのでコストがかかりません!! ご安心を!

それでは具体的に何をやるのか見ていきましょう。

①英語リスニング無料学習館でディクテーション ~Listening 基礎体力構築編~

まず、第一のステップとして英語リスニング無料学習館で英語を完璧に聞き取る練習をします。

「いきなり完璧に聞き取るなんて不可能だ!」と思うかもしれませんが、その不可能が可能になるまでやりましょう。そうでないとTOEIC800など夢のまた夢です。

しかし、完璧に聞き取ると言っても長文をダラダラ聞くわけではありません。

長文(NEWSなど)をだらだら聞くと、その時は英語を聞いた気になりますが集中力が続かないので、結果的に全体の一部分しか聞いてないという問題が発生します。

しかし、短文のディクテーションの場合だと集中して英語を聞かないとそもそも書き取ることが出来ないので、集中せざるを得ない環境を作り出すことが出来るのです。

ディクテーションとは
聞き取った文をそのまま書き取ること。

これが、ディクテーションを行う最大のメリットとも言えます。

さて、少し話がそれましたが英語リスニング無料学習館TOEICパート2形式リスニング問題では、100題ものディクテーション材料がありますのでこちらを使っていきます。

ではどうやるのか? 具体的にスクショを使って説明すると、

 まず、こちらの英語リスニング無料学習館を開きます。
Topの画面には以下のように当サイトの使い方が記載されているので、不安な方は一読しておきましょう!

f:id:tomoiiii:20180402034243p:plain

 

TOEICパート2形式の欄をクリックすると、このようにTOEICのリスンニング問題が100問出てきます。今からあなたはこの100問のリスニングの問題文と答えを完璧に聞き取れるようします! 

f:id:tomoiiii:20180402034300p:plain

 

では、早速問1からディクテーションを始めましょう。
ステップ1では、まず実際の問題を解くところから始まります。

このパートでは普通に問題を聞いて解きましょう。笑

f:id:tomoiiii:20180402034208p:plain

ステップ2からが本番です。
実際に解き終わった後に、まずは問題文をもう一度再生します。
再生後(or再生中)に聞き取った英文をそのまま下にあるテキストボックスへタイピングします。タイピングするのは、問題文×1と選択肢×3の全4文になります。(全4文×100問なので400文を完璧に聞けるようにします。)

最初から1回で全ての文を聞き取るのは難しいので、最初のうちはループ再生で何回も聞きましょう。慣れてきたら1回で聞き取れて全て一言一句間違いなくタイピング出来るレベルまで持っていきましょう。

f:id:tomoiiii:20180402034741p:plain

 

上記の作業が終わったら、ステップ3で実際にもう一度問題を解いてみましょう。
※答え合わせもお忘れなく!

恐らく、ステップ1と比べて確実にかつスラスラと聞き取れていると思います。

こうした小さい成功体験を100回積み上げていきます。
地味な作業ですが、100回やり終えればあなたのリスニング力は見違えるほどになっていますよ!!

 

f:id:tomoiiii:20180402034304p:plain

最後に単語の確認もしておきましょう。
この問題で出てくる単語はTOEIC頻出単語として必ず覚えて下さい。

単語を覚えるのは単語帳からだけではありませんよ。

f:id:tomoiiii:20180402034308p:plain

また、ディクテーションを行うメリットとして
リスニング力の向上だけでなく、語彙力やリーディング力、はたまた発音まで鍛えることの出来ることもあり、非常にコストパフォーマンスの良い勉強方法なので非常にオススメです!

② CNN 10 student newsをシャドーイング~Listening 基礎体力構築編~

英語リスニング無料学習館でのディクテーションが終わったら、次に行うのが
CNN 10 Student NEWSのシャドーイングです。

シャドーイングとは
(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。

CNN 10 Student NEWSは、10分間でその日にあった世界での情勢や大きな事件などを取り扱っており、内容も深く踏み込んだものはあまりないため、TOEICのリスニングを上げるための教材として最適なのです。

Youtubeで「CNN 10 Student NEWS」と打てば↓のような動画が出てくるので、そちらを使用して下さい。

f:id:tomoiiii:20180402041506p:plain

 

では、実際にいかに進めていくのか?

これは本当にシンプルで、同じ動画を1日3回(字幕なし→字幕あり→字幕なし)で10分×3回=計30分をシャドーイングするだけです。

最初は10分も集中力が続かず聞き取れない文章も多いと思うので挫折しそうになるかもしれませんが、めげずに"継続"することが大切です。

朝起きて通学の際に行い、ご飯を早めに食べ終え2回目をし、夜寝る前に最後のシャドーイングを行いましょう。

Reading & Listening 本番に向けての実践編

基礎体力構築編を終えた皆様、お疲れ様でした。

いよいよ本番に向けての実践編が始まります。言うなればこの実践編は練習試合のことです。日々の基礎的な練習の成果をこの練習試合で発揮しましょう!

と言ってもやることは非常にシンプルです。
下記の「TOEIC新公式問題集Vol.1~Vol.6」や「TOEIC究極の模試600問」をひたすら解きましょう。実践問題のシャワーを浴び、自分が今どのパートが苦手なのか?
そして、どのような時間配分が1番自分に合っているのか?などより実践的な戦略をこの問題集を通して培います。

 


 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOEICテスト究極の模試600問 [ ヒロ前田 ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2018/4/1時点)


 

 

また、現在ではTOEICは少し形式が変わっているので
そちらに対応すると言う意味でも、下記のような"新形式問題対応"の問題集を解くこともお忘れなく。

 


 

 

 こうした問題集を解く時に重要なのが、

・わからなかった単語・文法は全て自分のものにする
・目標点/あるいは満点が取れるようになるまで、同じテストを何周もする

 

ことです。

 

最後に

かなりボリュームのある記事になってしまいましたが、ここまで読んでくださった方本当にありがとうございます。

結局、上で述べたことをやるにしてもどのくらいの時間をかければ良いのか?
と疑問に思う方もいるかもしれないので言及しておくと、正直"人それぞれ"です。

元から英語力のある人は1~2ヶ月で800は超えるでしょう。

しかし、僕は実際に半年間1日2~3時間の勉強時間を確保していました。

英語力が元からない人は、最低でも半年間1日2時間は続けましょう。

 

僕が紹介した勉強方法で、皆さんが目標の点数を達成出来ることを心より願っています!

 

 

《英語学習関連の記事はこちら⬇》

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com


 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com