田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

TOEFL ITP 500 を確実に取得するための勉強法を大公開! #45

f:id:tomoiiii:20180424132932p:plain

今回は留学生のほとんどが受けるであろうTOEFL ITPテストにおいて、
『500点超えのスコアを確実にとる勉強法』について書いていきます。

TOEFL500点は超えられない壁なのか?

  • 「勉強の仕方がわからない」
  • 「TOEFLが不安」
  • 「テスト勉強は最低限にして遊びたい」
  • 「TOEFL500点が越えられない壁...」

勉強しているのにTOEFLの点数が伸び悩んでいる方、
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、安心してください!そんなあなたにピッタリの勉強法を間違いなく、惜しげもなく提供します。

これを読んで実践すれば、500点以上は確実に獲得できる!本気でそう思っています。

ブログを書いている僕がここまで断言するには確かな根拠があります。

それは『決して高学歴ではない僕が超高学歴の友達に勉強法を聞きまくり、なおかつ自分にあう勉強法を考えて、実践して結果を出した』からです。

出発前のTOEFLも400後半ギリギリの点数でしたが今からお教えする勉強法を実践してから1ヶ月で530を超えることができました。

では早速、僕の、、、いえ、「東大生、一橋生、慶應生が実践している勉強法」について記述していこうと思います。

 

敵を倒すには敵を知ることから始めよう!TOEFL ITP 基礎知識

パートごとの対策を話す前に土台となる部分について少し触れます。

TOEFL ITP テストは、ペーパー形式の団体向けテストです。リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの4技能を含む、iBTテストとは異なります。TOEFL ITPのテスト構成は以下です。

f:id:tomoiiii:20180424134039p:plain

https://www.cieej.or.jp/toefl/itp/composition.html

 

TOEFL ITPは相対評価で点数が決まります。つまり全体的に平均正答率が低い難易度の高い問題で正解すれば、高得点が狙えます!

大前提として、中学〜高校レベルの文法力大学受験レベルの単語力が求められます。

断言しますが、この二つの土台無くして500点越えは無理です。
今から話す勉強法はこの二つの土台がある程度あるものとしてお話します。

ちなみにすでにTOEFLで500点以上とっていた周りの友達がどんな単語帳を使っていたか興味本位で訪ねてみたところ、「ターゲットだよ」「キクタン使ってた!」と答えはとてもシンプルでした。

しかし、新たに単語帳を購入するのであれば、
『TOEFLテスト英単語3800』をオススメします。

 


 

 

セクション別攻略法―リスニング編―

では、みなさんお待ちかねの、セクションごとの説明に入ります。

TOEFL ITP最初のセクションは「リスニング」。ここで好スタートをきることがTOEFL500点超えのスタートダッシュとして欠かせません。

まず、このリスニングパートで500点以上を確実にとっておきたい。そこでやるべき勉強法は1つです。

その勉強法はズバリ、オーバーラッピング!!

オーバーラッピングというのは、英文を見ながらCDといっしょに音読することです。CDといっしょに英文を目で見ながら音読するので、文字と音が一致し、音が聴こえやすくなります。

f:id:tomoiiii:20180424134337p:plain

 

僕はリスニングが本当に苦手でこの勉強法を実践する前は450点前後でしたがこの勉強法を初めて2週間後には500点越えは余裕に感じるぐらい聞き取れるようになりました。

ポイントとしては色々な英文を漁りまくるのではなく、
同じ英文を何回も何回も聴くということがポイントです。

目標としてはListening partのBやCのパートの英文を20回繰り返してください。

正直TOEFLで出てくる言い回しなんて本当に限られています。How are you?が楽勝で聞き取れるように、TOEFLの言い回しもこの勉強法で条件反射的に聞き取れるようになりましょう!

セクション別攻略法―グラマー編―

断言しますが、このパートが一番重要。その理由としては短期間で爆発的に伸ばすことができます。ではこのパートの最強の攻略法をお教えしましょう…。

TOEFLの問題集を3周してください。
間違えなくオススメできる参考書が
全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策です。


 

 

やり方の手順は以下です。

・1周目は問題を解きながらどこがわからないのか解説を熟読します。

・2周目は問題を解きながらどこをどう間違うのか自分の間違いパターンを探すつもりで違ったところをマークしていきます。

・3周目では間違った問題だけを解き、反射的に答えが浮かんでくるようにします。


このパートは切り札です。是非是非みなさん無双してください!

注意点ですが、このパートで伸び悩みやしてしまう人をよく見かけます。理由は多分1つで、答えを覚えてしまってただやっただけになってしまうからです。

なぜこの答えが正解なの?と自分に問いかけて、「形容詞の後は名詞しか入らないからこれが答えだ」と第三者に説明できるくらい論理的に解くようにしてください。

セクション別攻略法―リーディング編―

最後のリーディングパートは長文が出題されます。

  • 長文は時間との勝負各大問を10分で解きましょう。
  • 前から順番に解く!大問も1から順に難易度が設定されているので、前から順に解き進めましょう。
  • まず設問を把握してから本文を見る!特に各段落の1文目に必ず目を通し、そこで段落の内容を掴みます。

オススメのサイトは以下です。

  • TOEFL ITPのリーディングを攻略する

study-share.net

  • TOEFL ITP のテキストをやり尽くした東大生がおくる TOEFL ITP の勉強法-リーディング編

www.minako01.xyz

正直長文は1ヶ月弱では伸ばしにくいので、過去問を解いて時間管理することとTOEFLに出てくる単語に絞ってできるだけボキャブラリを増やすことに重きを置き、他パートの対策に時間を当てます。


最後に

いかがでしたか?

もちろんその人の現状の英語力などによって今何をすべきかは異なります。そのなかで、すべての人に共通で重要なのは、いますぐ勉強すること!です。

TOEFL ITPで500点超えを狙うのであれば、上記で述べた、短期集中型勉強法を試してみてください!

 

※本記事は、留学に役立つ情報を提供するメディア CROSSEA さんに
寄稿していただいた記事に多少リライトを加えた記事になります。

特に、シアトルに留学する方にとってはかなり役立つ情報が多いので、
是非チェックしてみて下さい!

シアトル学生団体CROSSEA(クロッシア) – 留学情報サイト

 

《英語学習関連の記事はこちら⬇》

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com