田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

シアトルのバスに乗る人必見! ~シアトルバス完全攻略ガイド~ #46

f:id:tomoiiii:20180425050610p:plain

 今回はシアトルの「バス」について取り上げます。

シアトルは交通手段に関してアメリカの中では発達しています。
ただし、日本の交通機関のレベルほど期待はしないでください。多少の遅れは当然のこと、休日に至ってはバスが勝手に運休しているときさえあります。

しかし、車を買わない人にとってバスは必要不可欠な存在です。バスについてしっかり知っておくことで、シアトルでの旅行・留学が効率的になること間違い無しです!

では、早速参りましょう。

 

知ってた?2種類のバス

まずは基本編としてバスの種類を説明します。大きく分けて2種類あります。 運賃の仕組み以外ほとんど違いはありません。バス停も基本的に同じ場所に停まります。

METRO

f:id:tomoiiii:20180425051229p:plain

もっとも一般的なバスです。

Sound Transit

f:id:tomoiiii:20180425051241p:plain

長距離移動するときに主に使われている印象を受けます。

バスの仕組み

運賃の違い

まず運賃についてを基本的に説明します。運賃は時間によって変わります。その時間帯はPEAK、OFFPEAKの二つに分けられます。(METROにのみ適用)

  • PEAK:出勤、退社に被る時間帯です。具体的には平日の6am~9amと3pm~6pmです。この時間の運賃はほかに比べて高く、2.75ドルです。そして長区間(2-Zone)の移動の場合は3.25ドルになります。
  • OFFPEAK:PEAK以外の時間帯で、運賃は2.5ドルです。

Sound Transitは常に2.75ドルです。

運賃の払い方

運賃を払う方法は2種類あります。現金とORCAカードです。

現金で支払う

バスに入ると、運転席の横に機械があります。そこに現金を入れます。

f:id:tomoiiii:20180425051830p:plain

ここで気を付けてほしいことが2つあります。1つ目はおつりが出ないということ、2つ目は一気に現金を投入すると認識されないということです。

現金で払うとバスの運転手さんがTransfer Passというものをくれます。それによりいつ乗ったかを判別し、乗った時間の1時間半以内であれば他のどのMETROのバスに何回でも乗ることができます!2回目以降の乗車の際はこのチケットを見せるだけでオッケーです。

(Sound Transitへの乗り換えでは使えません。)

f:id:tomoiiii:20180425051859p:plain

基本的に現金で支払えばもらえますが、運転手によってはTransfer Passをくださいと言わないともらえない場合もあります。乗り継ぎ予定がなくても、もらっておくことをお勧めします。

ORCAカードで支払う

f:id:tomoiiii:20180425051924p:plain

「ORCAカードってなに?」って思った方、多いと思います。日本でいうSUICAやPASUMOみたいなものです。

学生であれば学校で特別価格で買える場合もありますし、一般の方もTRANSIT CENTER(大きな乗り継ぎ所)やLinkの駅の自動販売機、またQFCなどのスーパーマーケットでも5ドルで購入することができます。

ORCAカードであれば、おつりのことを気にすることもなく、またTransfer Passをもらう必要もなく勝手に記録してくれるので、非常に楽です。ORCA本体をお持ちの方は、ORCAカードのサイトか、Transit Centreなどにある券売機、またQFCなど特定のスーパーマーケットでチャージすることが出来ます。

*ただしオンラインでのチャージは反映に丸一日ほどかかるので、すぐに使いたいという時にはオススメしません。

そしてORCAを使うときに限り、METROでもSound Transitでも乗り換えが2時間以内なら無料でできます。PEAKとOFFPEAKや、Linkへの乗り継ぎなどで差額が出る場合は差額分だけが引かれます。

バスの降り方

さて、バスに乗ったはいいものの日本のバスにあるような降車ボタンがアメリカにはありません。ここで文化の違いを感じることができます。

バスの中には、窓際に黄色いひもがめぐらせられており、降りたい駅が近づいたらこのひもを引きます。降りる駅がはっきりわからないときは、そろそろかなと思ったらGPSをチェックするようにしましょう。

f:id:tomoiiii:20180425051951p:plain

 

バス利用者に欠かせない便利なアプリ

続いては、実際にどこかに行きたいときにどうすればいいかを説明します。

主に2つの手段があります。Google MapOne Bus Awayです。

Google Mapは目的地までのルート検索、One Bus Awayはバスの発着時間を確認するのに便利です。先程述べたように、アメリカのバスはフレキシブルなので早く出発したり遅れてきたりします。時刻表はあくまでも目安程度に考えておく方が良いでしょう。

Google Maps
f:id:tomoiiii:20180425052018p:plain

早速ですが、手順を簡単に説明します。

  1. Google Mapを開く
  2. 目的地を打ち込む
  3. 検索する

実際に使ってみましょう!

ベルビューカレッジにいて、今(4pm、平日)からベルビューダウンタウンにあるショッピングモール「ベルビュースクエア」に行こうと考えています。上記の手順を踏むと次の画面が表示されます。

そして一番上のルートをクリックすると次のようになります。

f:id:tomoiiii:20180425052115p:plain

 

ベルビューカレッジを16時6分に出れば、Kelsey Creek Rd & Tye River Rdというバス停に16時9分に来る「ルート271」というバスに乗れ、NE 8th St & 102nd Ave NEでおり、地図に従えば16時30分につくと表示されています。

f:id:tomoiiii:20180425052212p:plain

 

 

これさえわかれば、あとは慣れが肝心です。

One Bus Away

f:id:tomoiiii:20180425052508p:plain

こちらがOne Bus Awayの目印です。早速使い方を見ていきましょう。

まずアプリを開くと現在地周辺のバス停が検索できます。黄色で表示されているのはお気に入り登録したバス停です。(左がiPhone ver. 右がAndroid ver.)

f:id:tomoiiii:20180425052618p:plain

自分の乗りたいバス停を選択すると、運行しているバスのナンバーが表示されます。

f:id:tomoiiii:20180425052650p:plain

更に選択すると、リアルタイムのバスの発着時間が表示されます。Google Mapsと異なり、状況に合わせて発着時間が変動するのでかなり正確です。

f:id:tomoiiii:20180425052802p:plain

また自分の乗りたいバスを選択すると、全体のルートマップが表示されます。何時にどこのバス停を通過するのか詳細を知ることができます。

もちろんGoogle Mapと同じように出発地から目的地までのルート検索も可能です!

f:id:tomoiiii:20180425052821p:plain

知らなきゃ絶対損!学生割引と定期購入

私の通っているベルビューカレッジでは学期の始まりにORCAカードの販売を行います。この時、とてもお得にORCA購入することができます。

60ドル払えば120ドル分チャージされたもの(その学期に5クレジット以上の履修登録者)、120ドル払えば240ドル分チャージされたもの(その学期に10クレジット以上の履修登録者) を購入できるのです。

これは各学期に一回だけなので注意してください。

f:id:tomoiiii:20180425052928p:plain

定期購入について

また知っておくとお得なのが、定期制度です。ORCAカードを持っていればバス定期を購入することができます。1か月99ドルで2.75ドル区間を乗り放題になります。かなりお得なので買わない手はありません。

 

f:id:tomoiiii:20180425053004p:plain

 

定期はTransit CenterやLinkの駅の券売機で購入可能です。

そしてこの定期購入の支払いの際、現金、カードの他にE-purseという選択肢があります。そう、これはORCAカードにチャージされているお金で購入ができるのです。ここで何か気が付いた人もいるのではないかと思います。そうです。最初にお得にチャージしたお金で定期を買えばさらにお得になるということです。

もう1つ注意してほしいのは、買った日から1ヶ月ではなく、1月用定期、2月用定期のようにその月の終わりが定期の期限になるので、月の初めに買うことをオススメします。

 

最後に

今回はシアトルの交通機関【バス】について特集しました。バスといえども日米文化の違いが大きく表れます。

アメリカのバスは時刻表通りとは言えませんが、日本と比べ便利な部分も沢山あります。例えば、自転車をバスの前方に積めるのなんてとても便利ですよね。


※本記事は、留学に役立つ情報を提供するメディア CROSSEA さんに
寄稿していただいた記事に多少リライトを加えた記事になります。

特に、シアトルに留学する方にとってはかなり役立つ情報が多いので、
是非チェックしてみて下さい!

シアトル学生団体CROSSEA(クロッシア) – 留学情報サイト