田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

歴史から学ぶ、負ける人間の3つの共通点 #48

f:id:tomoiiii:20180504050143p:plain

昨日、たまたまYOUTUBEを見ている時にある方が教壇に立って、所謂不良・または道の外れてしまった生徒たちに述べていたことがありました。

 


それは、負ける人間の特徴です。



彼は、歴史を振り返ってみると、ナポレオンだったり織田信長などと言った歴史上においての勝ち組は、運の要素も多分に含まれているためあまり共通点は見当たらないと言います。


しかし、負けるやつというのは決まって大きく分けて3つの共通点があると言います。


僕はこの動画見た時に、正に理にかなってると思いました。何故なら、僕は自分があらゆる分野で他人より秀でるためには何が必要なのか? を死ぬほど考えた時期がありました。


その答えを出すために数年かけて様々な本を読み、沢山の人に会い、色々な意見を聞いて自分なりに導き出した結論と非常に似ていたからです。


僕が、勝ち組だとは言いません。ただ、あらゆる分野で数年前に比べると負けない数を増やせているとは思っています。(まだまだ負けている点は多いですが。。)



そこで今回は、その動画を元に自分の考えも織り交ぜて、自戒を込め以下のような方を対象に記事を書きました。

【こんな人に読んで欲しい】

・何をやっても上手くいかない、上達しない人。

・何をするにも誰にも負けたくない人。

・結果を残せてない人。

 もし、思い当たる項目がある人は是非3分間だけでも、
このブログに付き合って頂けると幸いです!

 ①情報不足

f:id:tomoiiii:20180504051246p:plain


僕は、これが1番の敗因の原因だと思ってます。


情報がなければ次のアクションを起こすことが出来ても、正しいアクションを起こせるとは限りません。


簡単な例えをお話しましょう。

あなたは、今受験生だとします。あなたは、受験勉強を始める前にどういった教科書や参考書、単語帳が目的である"受かる"に必要なのか、必死にリサーチし、過去問を解いてその学校の問題傾向やデータを取るとします。


おそらく、ここまで行けば80%受かったようなものだと思います。



何故なら、そこまで出来てかつその情報が実際にあってるのかを確認し、
あとは正しいやり方で継続するだけだからです。


つまり、情報を集めて準備をするまでの段階で勝負はほぼ決まっていると言えます。


恐らく、読者の方は受験を経験された方が大半だと思うので、こうした一連の行程は経
験済みかと思います。


しかし、この行程は受験対策だけに当てはまることではありません。何をするにも、まずは情報を集め最高の準備を整えることが結果的に成功に繋がるのです。

 

 "情報が変われば行動が変わり、行動が変われば結果が変わります。"

 

 

 ②慢心

次の共通点が慢心です。

 

皆さんには、何か自分の思い入れのあるアニメを思い浮かべてほしいです。
そのアニメに、自分は強い! 最強だ! と慢心に浸っているキャラクターはいますか?

 

もしいたら、そのキャラクターの末路を思い出してみて下さい。
最終的にそのキャラクターが最初は勝者でも、ずっと勝ち続け、最終的にも勝者であり続けるなどという状況は皆無だと思います。

 

大事なことは全て漫画から学べるとよく言いますが、正にそうだと僕は思います。

 

反対に、ずっと勝ち続けている人を見てみて下さい。
彼らは、自分のスキルや経験を慢心になって自慢したりひけらかすのではなく、
次の世代のため、他人の為になることをしています。


慢心しているようじゃ、まだまだ未熟な証拠だと言えます。


本当の勝者というのは、その強みを他人に還元していく人のことだと僕は思います。

 

 ③思い込み

最後は、思い込みです。

 

自分は出来るんだ、何だってやれる、と思うのは自分に自身を付けるという観点から言ったら良いと言えるでしょう。


しかし、勝負ごとになるとその思い込みは良い方向には向きません。
勝負の世界では、圧倒的に今までの経験やスキルなどと言った"実力"が物を言うからです。


思い込みをするのではなく、自分はここまで~~~を~~~~の期間、~~~~いった風にやってきたのだから大丈夫! という風に、根拠を持つようにするのが大切だと思います。


その根拠を持てるようになるためには、先程も述べたように、
正しい情報を仕入れ、適切な行動を取ることが大切です。

 


最後に

さて、今回の記事はかなり偉そうになってしまいましたが、
自戒の意も込めての記事なのでご了承下さい!
(気分を害してしまった方、ごめんなさい!)

 

冒頭で述べた、僕が見た動画はこちらの林修先生の動画です。
是非一度御覧ください。

 

youtu.be