田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

【大学生必見!】魅力的なプレゼンテーション資料を作るたった1つの方法 #49

f:id:tomoiiii:20180509150405p:plain

皆さん、こんにちは! この記事を書き終えれば、あと1記事で50記事達成するTomoi (@tomotomoiiii) です。

さて、今回は授業などでプレゼンテーション作成に手こずっている大学生に、
どうすればコンサルタントが作るような魅力的なスライドが作れるようになるのかを解説していきます。

今回の記事では、テクニックの部分というよりは魅力的なスライドを作れるようになるためには、まず何をすべきなのか? という点にフォーカスするので、技術的な面に関しては今回は省かせて頂きます。


本記事は、こんな大学生にオススメです⬇

【こんな人に読んで欲しい】

・プレゼン資料をより魅力的に作りたい人。

・プレゼン資料作成に苦手意識がある人。

・授業でプレゼンがあるので、手っ取り早く資料作りをしたい人。

 

さて、それでは参りましょう。

 

 

プレゼン資料を魅力的に作るコツは1つだけ

断言します。

プレゼンテーション資料を魅力的に作れるようになるためには、 
デザインのセンスがなくてもこれさえやれば大丈夫です。

 

それは、

 

TTPです

 

え? TTPなにそれ? 環太平洋パートナーシップ協定のこと?

 

違います。

 

ここで言うTTPとは、

 

T (徹底) T(的に) P(パクる) ことです。

 

現役のコンサルタントや、プレゼン資料を作るのが上手い人の資料を参考に、
まずは自分で同じものを実際に作ってみましょう。

最初は何時間もかかります。下手すれば1日じゃ終わらないなんてこともあるでしょう。

しかし、その成果は将来的に物凄いパワーを発揮します。

それは、

・一回作ったデザイン等は、次に資料作成 する際に使い回せること。
 ↳コピー&ペーストするだけです。

これをすることにより、プレゼン資料を作れば作るほど作業時間が短くなります。

何事も初期投資にかける時間・お金は大事なんです。

 

 さて、それでは一体そのプロが作ったプレゼン資料とやらは
どこで見つけられるか?? 次の項目で、僕が一押しのスライドが参照出来るおすすめサイトをご紹介します。

 

Slide Share

f:id:tomoiiii:20180509154422p:plain

まず最初は、かの有名な世界的規模のビジネス特化型SNSサイト、
Linked In が 提供するSlide ShareというWebサイトです。

 

このサイトでは、個人や世界的な企業で働くマネージャークラスのビジネスマン達が作成した、延べ1万以上のプレゼン資料が無料で、かつダウンロード(PDF)することが出来ます。

 

僕は、このサイトを中心にデザインや構成のが優れているスライドをピックアップし、
その資料のデザインを応用しながら自分だけのデザインを作っていました。

よくデザインセンスがないから無理。。という人を見かけますが、僕が思うにデザインセンスとは先天的なものではなく、後天的なものだと思います。

つまり、センスのあるものを真似でも良いので自分で作っていき、自分が作れるデザインのストックを増やしていく(それを応用し独自のデザインにする)ことで、デザインセンスは磨かれていくと思います。

 

さて、タラタラと書いてしまいましたが、
僕がおすすめのプレゼン資料をいくつか貼っておきますので、参考にして下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしたかなりデザイン性の高くOrganizedされた資料を漁り、気に入ったデザイン等があればすぐに作ってみましょう。

なかには、これどうやって作るの...? なんてものもありますが、⬆の資料に載っているものは全てPower Pointで作成出来ます。

是非、まず"パクる"ことから始めてみて下さい。

 

【番外編】スライド作成の基礎を学びたい人

さて、上記ではプロが作成したプレゼン資料を"徹底的にパクれ"と言いましたが、まずその前に基礎的な部分を俺は学びたいんだ。。

という方向けに、以下の資料を用意しましたので参考にしてみて下さい!

  

 
 

まとめ

さて、ここまで読んで頂いた方はもうスライド作成のプロへの道を歩みだしたと言っても過言ではありません。
 
皆さんが魅力的なスライドを作成することによって、聴衆にキャーキャー言われる事を、心より願っています。