田舎学生Tomoiのブログ

主に全国の大学生に向けて、1記事5分で読めるお役立ち記事を発信しています。

【初心者向け】英語のLとRの発音を30秒で矯正する方法を紹介したい #50

f:id:tomoiiii:20180514172223p:plain

 

皆さんこんにちは、留学期間も残り3ヶ月と時の早さを身にしみているTomoi(@tomotomoiiii)です。

さて、今回は英語学習者なら必ずぶつかる壁であるLとRの発音について、
30秒で劇的に発音を矯正出来る方法を紹介したいと思います。

ちなみに、この方法は英語学習を始めてはみたものの、
どうLとRの発音を改善していけばわからない! という方向けなので、既に英語の発音に問題がない、または留学経験のある方などはお帰り下さい。

ということで、本記事は以下のような方におすすめです。

【こんな人におすすめ】

・英語学習を始めたばかりの人。
・英語の発音に自信のない人。
・手っ取り早く英語の発音を矯正したい人。

 

発音矯正する際に知っておいて欲しいこと

世の中には、LとRの発音指南についての情報がありふれていますよね。
今読んでいる方も、何記事か見てこの記事にありついたと思います。

口の動かし方が大事だとか、下をこう巻くんだとか。。。

 


はっきり言って、全て無視してOKです。

 

 

ああいった理論的な説明を見ていても、疲れるだけですし、すぐに忘れます。
英語のネイティブもわざわざ下を巻いて。。なんて意識しないですよね。


では、実際にどうすれば矯正出来るのかをご紹介します。


 Lの発音矯正の仕方

f:id:tomoiiii:20180514173309p:plain


やり方は至ってシンプルです。

まず、
Lの発音をする際は、日本語のら・り・る・れ・ろを意識して下さい。

特に英語っぽく発音する必要はなく、日本語のらりるれろの発音で大丈夫です。
例えば、Lightの発音に関しては"ライトゥ"ですね。

もう少し極端な例を出すなら、Lの場合は発案する前に小さい"ぃ"を付け加えて発音するとよりわかりやすいです。

Lightの場合は"ぃライトゥ"のような感じですね。

 

Rの発音矯正のやり方

f:id:tomoiiii:20180514181501p:plain

 

Rの発音も、Lの発音同様簡単に矯正出来ます。

例えばRightの場合、Rの前に"ぅ"を入れて"ぅライトゥ"と発音するだけです。
"ぅ"を文頭に入れることによって、自然とRの発音で要となってくる巻き舌が自然に出来るようになります。


ここまで来たら、あなたのLとRの発音は70%矯正されたようなものです。
残りの30%を埋められるように、しっかり練習し会話の中でスムーズに発音できるようにしましょう。

 

《英語の発音に関する記事はこちら⬇も参照して下さい》


www.tomoiiii-blog.com

 

 

《英語の勉強法関連の記事はこちら⬇》


www.tomoiiii-blog.com

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com

 

www.tomoiiii-blog.com